大学編

荒みきった心を開くのは容易ではない

茉奈との生活が始まった。

新聞販売店の所長には、事前に事情を話し、相談していた。

寮に一緒に住むことを了承してもらうことができ、ホッとした。

のみならず、「何か仕事 ...

大学編

茉奈を引き取ることを決め、病院に電話をした。

退院の手続き等で、地元まで迎えに来てやってもらえないかと言われたが、その部分は茉奈の通っていた定時制高校の先生方が引き受けてくれました。

厄介だったのが警察。

大学編

なぜあのとき、無理にでも東京に連れていかなかったのだろう。

茉奈がこんな目にあったのは、俺のせいだ。

同じ親を持ち、母親から同じような仕打ちを受け、だれよりも帰る家がない辛さを共有できる。

兄として ...

大学編

絶望は、畳み掛け、追い打ちをかける

ろくに単位も取れず、大学に通う気力も涌かず、毎日が憂鬱でした。

唯一の救いは、新聞配達というのは、『単独行動』のため、業務中に同僚と話すのは、最低限の会話で回避できたことです。

大学編

メールの受信時間は30分程前のAM7時半

慌てて電話をかけた。

「急にどうしたの?」

「聞かないで」(聞かないでといいながら電話を取るって?)

「何かあったの?俺、なにかしたっけ?」

大学編

その日は、梅雨時期だということもあり、夜半から、ひどい土砂降りの雨でした。

3月末に上京。

新聞屋の朝は早い。幼少の頃、『パン屋のおじさんが朝いちばん早い』と習いましたが、新聞屋もどっこいどっこいではないかと思 ...

大学編

大学進学、新たな舞台、新たな環境、新たな出会い。

夢、踊る心、希望。

みんな、キラキラ、まぶしい笑顔。

空は晴れわたり、桜は咲き誇る。桃色の風が、新入生を歓迎していた。

1500人前後の ...

大学編

「大学編」を綴る前に、大切なことを書き忘れていました。

それは、私の4才下の、妹のことです。

私にとって、この妹の存在が、深い苦悩と、人生の充実、人間不信と、人を信じる大切さを教えてくれる存在でした。

法律関係

wikipediaからの引用です。

特別送達(とくべつそうたつ)とは、日本において、民事訴訟法第103条から第106条まで及び第109条に規定する方法により、裁判所から訴訟関係人などに送達すべき書類を送達し、その送達の事実 ...

法律関係

あなたは、「貸金業法」と、「割賦販売法」の適用範囲の違い、御存知ですか?

 ざっくり言うと、

「業として(反復継続して不特定多数の人に行うこと)、お金を貸したり、その貸し借りを仲介する場合」に、「貸金 ...