「note」はじめました

筆休め

  友人から、

 「noteという新しいサービスがあるよ。座右の体験談載せるのに向いてるんじゃないか?」

 と教えてもらい、noteをはじめました。

https://note.mu/

 先に知ってれば、noteで「ホームレス高校生編」を書けばよかったかもと少し思いましたが、自前で1からブログを立ち上げるのも良い経験になるハズ。

 過去から順を追って書いていこうかと思っていましたが、noteで比較的最近のこと、自前ブログで過去から書いていこうということに落ち着きました。

 題して、「ブラック企業の跡取り婿なんだが、俺はもうダメかもしれない」

 どこかで聞いたことのあるようなタイトルですね。

 ブラック企業の経営側という「沼」にハマり込んだ経験を、書きなぐってやろうじゃないかと。

 https://note.mu/hutouhukutsu

ブログを始めたきっかけ

 一番のきっかけは、13年御奉公し抜いたブラック企業(跡取り)を、理不尽な形で辞めることになり、燃え尽きそうになったところに、友人から、

 「ブログで暴露すれば気が楽になるんじゃね?」

 と言われたことでした。

 「いいかも!バズったら本にするべ!」

 さすがに実名を晒す勇気はありませんでしたし、ノンフィクションで書いてしまうと相手もあることなので、ありのままの事実を書いていくために小説形式でいこうと。

 そうなると、直近の13年間ではなく、過去から書き起こす必要があると思った次第です。

 先日、無事(?)に「ホームレス高校生編」を書き終え、現在は「大学受験編」の下書きを書いている最中。

 あっちでは直近13年を書き、こっちでは20年くらい前から遡って書き・・・

 人間、良いことも、悪いことも、結構忘れていますね。

ブログを始めて良かったこと

 嫌なことも随分思い出しましたが、

 「今が幸せであれば、それも良い思い出になる。なぜなら、その過去が今の私を構成している一部だから。」

 何より、

 「人から受けた恩というものは、申し訳なくも、忘れてしまっているものだ。」

 ということに気付かせてもらえたこと。

 自分は、他人の「小さなやさしさ」に護られて生きてきたんだということを、再認識できたこと。

 世の中は、なんてことのない小さなやさしさで溢れている。

 自身の体験を通し、それを伝えていけたらと思う。